Skip to content Skip to main navigation Skip to search
試運転調整サービス

試運転調整サービス

お客様のご要件に最も適した加熱性能を、運用第一日目から確実に発揮できるよう支援いたします。コンピュータシミュレーションを利用して、使用機器や被加熱物、プロセスに与えるさまざまな技術的ソリューションの効果を評価いたします。また、他の加熱方式から誘導加熱方式へ切り替えた場合や、既設の誘導加熱装置を更新する場合の投資効果についても評価させて頂くことが可能です。

コンピュータシミュレーション

費用と時間がかさむ試行錯誤は過去のものです。弊社のコンピュータシミュレーションを利用すれば、実際にコイルを試作しなくても、複雑なコイル設計を完璧に行えます。本サービスは、金属分子変化分析から電力計算まですべてをカバーしておりますので、求める温度パターンが得られます。さらに、一度に 1 つのパラメータ (コイルと被加熱物の間の空隙など) を変更することにより、その効果をすぐに確認することができます。
 

費用対効果の分析

加熱装置の基本データを入手してその投資効果を判断していくのは、やさしいことではありません。それと同時に、既存の装置をしっかり活用しつつ、競合他社がどこまで迫っているのかを見定めなければなりません。お客様の既存の装置の改造にしろ、新規加熱装置導入のための費用投下にしろ、弊社は喜んで短期的効果と長期的利益の計算のお手伝いをいたします。
 

採算性検証

加熱工程の改善をお考えですか?既存の装置の改造、新しい加熱工程の導入、いずれにしろ、弊社の採算性検証サービスにより、お客様の条件に最適の方法を見つけることができます。各ソリューションのメリットとデメリット、そして計画から運用までの費用と時間を知ることができます。そこに搬送システムおよび予熱・後熱機器を織り込んで、インライン生産コンセプト全体を策定することもできます。