Skip to content Skip to main navigation Skip to search
継ぎ目焼きならしシステム

継ぎ目焼きならしシステム

EFD Induction のインライン継ぎ目焼きならしシステムは、石油ガスパイプ規格に適合する実証済みの手段を提供します。
Close

最先端合金・パイプ用の最先端継ぎ目焼きならしシステム

EFD Induction は、最先端低価格継ぎ目焼きならしシステムのトップ企業です。NQN 設置および NQT 設置のいずれにも対応する弊社のソリューションは、要求の厳しいパイプメーカーと協働して以下の点を確実にクリアしているため、世界中で稼働しているのをご覧になることができます:

  • 内壁が、完全均質化獲得に十分な温度になっている。
  • 内壁の加熱パターンが、熱影響部全体のカバーに十分な広さになっている。
  • 外壁が、均質化獲得に必要最低限の温度に保たれ、粗大粒再生のリスクがない。

EFD Induction の継ぎ目焼きならしシステムには、横型追跡システム、軌道追跡システム、および搬送システムが搭載されています。 

  •  横型追跡システムにより、インダクタの横の動きが溶接先端部で追跡できます。
  • 軌道追跡システムにより、インダクタの軌道状の動きが、溶接のひねりと独立して、溶接ーインダクタ間の距離を一定に保ちます。
  • 搬送システムには可動コイルが搭載され、ライン停止の際には、遡っての追跡を行い、焼きならしプロセスを完了させますので、スクラップ量が最小限に抑えられます。

フル EFD Induction 継ぎ目焼きならしシステムには通常、Sinac コンバータ、誘導コイル付きワークステーション、フレキシブル電力ケーブル、制御システムが搭載されています。弊社の継ぎ目焼きならし全システムに「クイックリフト」装置が装備されているので、ほころびや不良パイプによるコイル損傷を防ぐことができます。
 

完全な制御

EFD Induction 継ぎ目焼きならしシステムは、制御が簡単で、EFD Induction 電源、コイル、搬送機構と連動するように特殊設計されています。制御システムそれぞれが最大 4 台の誘導加熱装置を独立して制御することができ、継ぎ目加熱の温度制御機能、そして手動・自動モードにおける誘導コイルの継ぎ目追跡制御機能を搭載しています。記録装置は、重要なプロセスのパラメータを記録・保存します。

詳細

アニーリング
アニーリング

EFD Inductionは、チューブ溶接のシームアニーリングや磁性/非磁性チューブ製品のフルボディー アニーリング用誘導加熱装置のほか、

Download