Skip to content Skip to main navigation Skip to search
ボルト加熱システム

ボルト加熱システム

EFD Induction のボルト膨張ソリューションは、小さくてもパワフルな可搬型 Minac コンバータと特殊設計のインダクタコイルで構成されています。
Close

高速、簡単、正確、そして再現可能な加熱技術により、生産性が向上します。誘導ボルト加熱は他の加熱方法に比べ、少なくとも 70%、より高速になります。

可搬型、フレキシブル、使いやすい

  • 移動誘導: 作業場・工場フロアで移動させることができます。トランスフォーマには 10 メートルの接続のフレキシビリティがあります。 
  •  フレキシブル:さまざまなボルトサイズに応じて多様なコイルを取り付けることができます。誘導コイルの変更に掛かる時間はわずか数秒です。
  • 操作性抜群:ハンドヘルド・トランス (HHT) により、出力のオン/オフや正確な出力コントロールが可能です。実際、HHT の使いやすさは、一般的な電気ドリルと変わりありません。コンバータ本体と HHT は水冷フレキシブル・ケーブルで接続されているため、被加熱物の取り扱いも楽です。
  •  ツイン出力:2 系統の独立出力を可能にした「ツイン」バージョンをご用意しております。1 人の作業員が同時に 2 つのボルトで作業できます。タービンの両側で同時に作業することもできます。
  • 費用の削減: 高速熱伝導により、スチームタービンの遮断時間をかなり短くできます
  •  品質の向上:マイクロコントローラ機能により温度、熱上昇時間、温度維持時間の事前設定が可能になります。加熱サイクルの正確な反復がきちんと行えます。同じ電力が各ボルトに加えられます。一定した電力と加熱時間が確保できます。
  •  環境に優しい: 噴煙、ガスの発生もなく、放射熱もほぼ無発生のため、より快適かつ生産性の高い作業環境になります。環境にとっても非常にいいことです。 

安全第一

ボルト膨張プロセスでは、安全性に重点を置くことが、一貫した結果をもたらし作業員やボルト自体への損傷を防ぐために非常に重要です。コイルと作業対象物に至るいかなるフラッシュオーバーも防がなくてはいけません。高エネルギー電流がボルト内の金属構造を劣化させてしまうからです。グラスファイバー製絶縁ホルスター、ワニス・ラッカー、そして作業対象物検出電子コイルが三つ巴となってフラッシュオーバー状況に対する安全を確保します。

詳細

パワータービンを固定する大きなナット/ボルトを取り外す
パワータービンを固定する大きなナット/ボルトを取り外す

高圧タービンのボルト膨張のための誘導加熱方法は、頼もしい事業ツールです。

Download