EFD Inductionについて採用情報SitemapPrint page • Choose language:

Minac

可搬型加熱装置

 

可搬型誘導加熱システムであるMinacシリーズは、高く評価された先代モデルよりもさらに使いやすさが向上しています。使用時の準備作業は、1) コイルを取り付ける、2) 電源を接続する、3) 冷却水を接続する、の3ステップで完了です。循環冷却システム搭載モデルは、電源を接続するだけですぐに使用できます。  

 

Minacは、メニュー・ベースのわかりやすい多言語対応コントロール・パネルにより、使いやすさを極限まで追求しています。しかも、このシンプルなコントロール/ユーザ・インタフェースは、Minacの全モデル共通です。  

 

ほとんどのMinacモデルには、2系統の独立出力を可能にした「ツイン」バージョンをご用意しております。ツイン・バージョンは、出力系統ごとに分割されたコントロール・パネル・ディスプレイを装備しています。  

 

Minacは簡単に操作でき、ハンドヘルド・トランス(HHT)により、出力のオン/オフや正確な出力コントロールが可能です。実際、HHTの使いやすさは、一般的な電気ドリルと変わりありません。コンバータ本体とHHTは水冷フレキシブル・ケーブルで接続されているため、被加熱物へのアクセスもスムースに行えます。

アニーリング

EFD Inductionは、チューブ溶接のシームアニーリングや磁性/非磁性チューブ製品のフルボディー アニーリング用誘導加熱装置のほか、ストリップおよびワイヤー用の統合的なアニーリングシステムも提供しています。  

 

誘導加熱によるアニーリングにはさまざまな利点があります。まず、材料自体を直接発熱させるため、他の方法に比べて効率やエネルギー・コストの点で優れています。また、加熱プロセスの高速性と制御性により、スループット向上に貢献します。さらに、極めて正確な加熱が可能です。これは、今日の厳しい品質基準を満たすために不可欠な要素です。  

 

目的の範囲を正確な温度で加熱することにより、必要に応じて材料構造を変化させ、内部応力を除去します。

ろう付

EFD Inductionは、自動車、航空、電機、白物家電製品をはじめとするさまざまな重要分野におけるろう付に適した誘導加熱装置を提供しています。アルミニウム、真鍮、銅、銅合金、鉄、鋳鉄、鋼、ステンレス鋼などの幅広い金属のろう付が可能です。  

 

誘導加熱ろう付は、さまざまな点においてガスろう付よりも明らかに優れています。誘導加熱は、裸火に比べて単位面積当たりの伝達エネルギーが大きく、加熱サイクルの高速化が可能です。つまり、単位時間当たりの生産量の向上につながります。  

 

また、誘導加熱は温度の確認と調整が容易で、巣の増加と接合部の強度低下につながるオーバーヒートのリスクを低減します。さらに、誘導加熱によって母材自体が発熱するため、ろう付時の加熱不足のリスクも低くなります。  

 

同様に重要な点として、誘導加熱はガス、裸火、追加加熱が一切不要であり、作業環境と安全性の向上にも貢献します。

 

  ろう付
Induction preheating

予熱

EFD Inductionは、自動車、ケーブル/ワイヤー、電機、チューブ/パイプをはじめとするさまざまな業界に、予熱処理システムを提供しています。弊社の予熱処理システムの多くは、生産ラインに統合されています。  

 

予熱処理にガスや炉ではなく誘導加熱を利用することには、さまざまな利点があります。材料自身が発熱するため、熱損失とエネルギー消費量を最小限に抑えながら、生産速度と品質の向上を図ることができます。   また、正確な熱制御が可能であるため、溶接温度を下げ、冷却率を下げることができます。その結果、冷却時に亀裂や過度の硬化が発生するリスクを抑えられるという利点があります。  

 

さらに、熱が拡散する火炎が不要で、作業環境の向上、冷却の必要性の低減、火災リスクの低減にも貢献します。

Induction postheating

後熱

 後熱処理は、EFD Inductionが世界中で数多くのソリューションを設計し、納入してきた実績を誇る主要分野の1つです。弊社の後熱処理システムは、主に自動車、航空、ケーブル/ワイヤー、電機、およびチューブ/パイプ業界で利用されています。  

 

誘導加熱は、後熱処理に最適な方法です。材料自体を直接発熱させるため、正確性と再現性に非常に優れています。そのため、ガスや炉による処理に比べて放射損失が少なく、加熱時間も短くなります。  

 

さらに重要な利点として、最終製品の品質とスループットの向上が挙げられます。たとえば、ケーブル絶縁の架橋プロセスの高速化と品質向上などに役立ちます

歪矯正

溶接板構造の熱歪み矯正は、1980年代初め以来、EFD Inductionの主要分野となっています。  

 

弊社の歪矯正システムは、造船業界(甲板の歪矯正)、建設業界(橋梁の歪矯正)、鉄道/トラック業界(機関車、鉄道車両、重量物運搬車の製造および修理)などで利用されています。  

 

歪矯正に誘導加熱を利用することにより、目的の範囲を正確に加熱することが可能になります。その結果、たとえば、トラックの鋼製車体を修理する際、ブレーキやケーブルといった熱に弱い部品を取り外す必要がなくなります。  

 

誘導加熱は、作業員にも環境にもやさしい技術です。ガス炎のように危険なヒュームが発生したり、火炎による火傷の恐れがありません。しかも、熟練を要さず安全に使用できます。

主要自動車メーカーとの緊密な関係

EFD Inductionは、長年にわたり、誘導加熱ソリューション・サプライヤーとして、北米およびヨーロッパの多くの自動車メーカーの信頼を得ています。また、1次部品メーカーをはじめとする系列サプライヤーの多くとも取引があります。  

 

誘導加熱は、自動車業界のさまざまな分野で利用されています。主な例:

 

Induction heating of aviation parts

航空

航空業界にとって、製品品質とプロセスの一貫性が極めて重要であることは言うまでもありません。誘導加熱による正確で再現性に優れた非接触加熱が、航空機メーカー、航空会社、および航空機部品メーカーに広く普及しているのはそのためです。  

 

たとえば、EFD Inductionの汎用かつコンパクトなMinac加熱装置は、その柔軟性と機動性の高さにより、特に整備部門から求められています。  

 

以下は、航空業界における弊社製品の主な用途です。

  • ファン・ブレードや燃料系/油圧系部品のろう付
  • ジェット・エンジン用鋳造部品などの溶接補修の後熱処理

電機

EFD Inductionの製品は、電機業界におけるさまざまな重要工程を担っています。この分野向けの弊社ソリューションのほとんどは、次のカテゴリーに分類されます。  
Faucet brazing

家庭用品

EFD Inductionは、冷蔵庫、冷凍庫、食器洗い機、洗濯機、および水栓金具の世界主要メーカーに誘導加熱装置を提供しています。主な用途はコンプレッサ部品のろう付で、そのほかにもコンプレッサ部品の焼入れや使用部品の焼嵌めに利用できます。

造船

EFD Inductionの製品は、あらゆる種類の船舶の建造、修理、および保守に世界中で利用されています。主な用途は次のとおりです。

 

特に、コンパクトで可搬性に優れたMinacは造船業界に最適で、接近が困難な被被加熱体に特に威力を発揮します。

The Minac range of complete mobile induction systems is even easier to use than its acclaimed predecessor.
Benefits, product features and technical data
Benefits, product features and technical data
Benefits, product features and technical data
Benefits, product features and technical data
Benefits, product features and technical data
Benefits, product features and technical data
Benefits, product features and technical data
Benefits, product features and technical data
Benefits, product features and technical data
Benefits, product features and technical data
Benefits, product features and technical data
Benefits, product features and technical data
Benefits, product features and technical data