EFD Inductionについて採用情報SitemapPrint page • Choose language:
HeatLine

HeatLine

 工業用熱処理システム    

 

 

HeatLineファミリは、EFD Inductionの溶解/鍛造用システムです。HeatLineファミリの広範な製品群には、幅広い出力と周波数に対応する直列/並列補償型の誘導加熱電源が採用されています。  

 

HeatLineの直列補償技術の核となるのは、高いアップタイムを誇る堅牢なIGBTトランジスタです。また、EFD Inductionの並列補償技術は、サイリスタ、IGBT、およびMOSFET素子を特徴としています。HeatLineの各変換器は、自動負荷整合機能、シングル・マイクロプロセッサ・ベースの制御ボード、内蔵コンデンサを搭載しています。  

 

HeatLineには、溶解/鍛造用システムのほか、グラファイト・コーティング、線材/帯材加熱、スプリング線材圧延、ガラス溶解、グラファイト・サセプタ加熱、亜鉛メッキ、食品/化学薬品容器の加熱、およびその他の特殊用途向けのソリューションも用意されています。

Induction melting

溶解

誘導加熱は、金属およびガラスの優れた溶解方法であることが実証されています。EFD Inductionには、貴金属の溶解、可傾炉による溶解、インベストメント鋳造、実験用途など、さまざまな分野向けのソリューションを開発してきた実績があります。  

 

誘導加熱炉による溶解工程は、従来の炉による場合に比べてはるかにクリーンです。そのため溶解後の洗浄が不要で、生産工程の一段階を省くことが可能です。その結果、保守コストや機械設備の削減といった利点が得られます。  

 

誘導加熱は、安全性と費用対効果の点でも優れています。大きな熱損失や作業中の負傷/火災の原因となる火炎は発生しません。

 

さらに、溶解工程における品質確保に重要な要素として、正確性と再現性にも優れています。

Induction forging

鍛造

EFD Inductionの鍛造システムは、数十カ国の金属産業および鋳物産業を中心に導入実績があります。誘導加熱による鍛造加工が可能な材料例として、アルミニウム、真鍮、鋼、ステンレス鋼などがあります。  

 

誘導加熱は、最適な熱制御が可能であり、しかも温度再現性に優れています。ロット全体を同一の温度で加工できるため、次の製造段階で形状のばらつきや金型の破損が発生するリスクがありません。  

 

さらに、被加工物の金属組成および金型の保護のために重要な要素として、酸化が生じにくいという利点もあります。

Metal melting

金属/鋳物

EFD Inductionの原点は、今をさかのぼること50年以上前、金属/鋳物業界向けに設計・開発した設備装置1号機にあります。以来、この業界向けの時間節約/コスト削減ソリューションの開発において、常に最先端を担い続けています。  

 

EFD Inductionの金属/鋳物業界向けソリューションは、主に次の分野で利用されています。

HeatLine is EFD Induction’s family of systems for melting and forging applications.
EFD Induction billet heaters heat practically any dimension of billets and slugs in materials as diverse as stainless steel, copper, aluminum, titanium and brass.
Automated, high-output solutions for bar end and partial heating.
EFD Induction's melting furnaces are proven solutions for labs and small to mid-size foundries.