EFD Inductionについて採用情報SitemapPrint page • Choose language:
自動車部品の焼戻し

自動車部品の焼戻し

長年、高周波焼戻しは潜在的ユーザーの間ではタブーでした。しかし、EFD Inductionが先導した技術開発、そして自動車業界での実際の検証によって、現在、高周波焼戻しは広範な構成部品に必要不可欠なソリューションになっています。  

 

高周波焼戻しによって、カムシャフト、クランクシャフト、ドライブ・シャフト、トーション・バー、カップリング、ロッカー・アーム、ロック・ドリル、チェーン、サスペンション・アーム、クラッチ、ブレーキ・ディスク、ハンドル、CVジョイント、チューリップ、>ショック・アブソーバ、インナーおよびアウターレース、コントロール・ロッド、バルブ、出力シャフトなど、膨大な量の部品を処理できます。  

 

迅速、正確、かつフレキシブルな高周波焼戻しは、熱処理工場で数十年間にわたって使用されてきた、無駄の多い多数の炉に取って代わります。疲労テストにより、弊社の誘導加熱ソリューションの品質結果が確認されています。