EFD Inductionについて採用情報SitemapPrint page • Choose language:

ストリップ、チューブ、およびパイプの予熱

誘導加熱は、正確、制御可能、かつ再現性のある熱を素早く発生させます。そのため、誘導加熱はチューブとパイプを予熱する上で亀裂を防止し、組織の硬化を軽減し、溶接速度を上げる優れた方法になります。

 

  EFD Inductionは、チューブとパイプを予熱するための一連のソリューションを提供しています。その中には、溶接前の加熱、錫メッキの再溶解、亜鉛メッキ、パイプの成形および曲げ加工、チューブへのプラスチック粉末または塗料の塗布などがあります。  

 

また、高周波予熱処理を利用して、加熱パイプの周りへの絶縁体の接着を改善することができます(ケーブルやワイヤーの周りに絶縁体を接着するプロセスと対比した場合)。