EFD Inductionについて採用情報SitemapPrint page • Choose language:

ケーブル/ワイヤーの予熱

EFD Inductionは、ケーブル/ワイヤー業界に多くの予熱ソリューションを提供しています。押出しの前に加熱することは、ケーブル生産ラインで最も一般的な誘導加熱の応用です。予熱機を使用すると架橋時間が短縮され、ラインスピードを高速化できます。  

 

 従来の方法の代わりに誘導加熱で予熱すると、熱が直接ワイヤーやケーブル・コアに伝達されます。材料は極めて短時間で適切な温度まで加熱されます(実際にどれだけ短縮されるかは、ライン・スピードとコイル長によって決まります。)  

 

誘導加熱は、コアで実際に焼入れプロセスが始まることも意味します。その結果、巣が減少して絶縁性が向上します。