EFD Inductionについて採用情報SitemapPrint page • Choose language:

自動車部品の予熱

高周波予熱処理は、組織に亀裂が発生したり硬化したりするリスクを軽減するための優れた方法です。それは、誘導加熱によって熱が材料自体に発生すること、つまり周囲温度が、材料内部で発生した熱による温度より低くなるからです。この誘導加熱はまた、たとえばガス炎より正確に制御されます。

 

したがって、溶接ゾーン内の温度差を減少させることができ、冷却速度が低下します。このことは、熱をただ1つの溶接点に集中させるレーザー・ビーム溶接では特に重要です。   さらに、誘導加熱を組み合わせたレーザー・ビーム溶接では予熱と溶接を同時に実行できます。つまり、品質を低下させずに生産をスピードアップできるというわけです。  

 

EFD Inductionが活動しているもう1つの予熱分野は、ギア・ホイールの焼嵌めです。ここでも、誘導加熱の利点、つまり加熱の迅速性、正確性、および制御可能性が非常に魅力的です。誘導加熱装置はまた、お客様の既存の生産ラインに容易に適合します。