EFD Inductionについて採用情報SitemapPrint page • Choose language:
予熱

予熱

EFD Inductionは、自動車、ケーブル/ワイヤー、電機、チューブ/パイプをはじめとするさまざまな業界に、予熱処理システムを提供しています。弊社の予熱処理システムの多くは、生産ラインに統合されています。  

 

予熱処理にガスや炉ではなく誘導加熱を利用することには、さまざまな利点があります。材料自身が発熱するため、熱損失とエネルギー消費量を最小限に抑えながら、生産速度と品質の向上を図ることができます。   また、正確な熱制御が可能であるため、溶接温度を下げ、冷却率を下げることができます。その結果、冷却時に亀裂や過度の硬化が発生するリスクを抑えられるという利点があります。  

 

さらに、熱が拡散する火炎が不要で、作業環境の向上、冷却の必要性の低減、火災リスクの低減にも貢献します。

Minac

可搬型加熱装置

 

可搬型誘導加熱システムであるMinacシリーズは、高く評価された先代モデルよりもさらに使いやすさが向上しています。使用時の準備作業は、1) コイルを取り付ける、2) 電源を接続する、3) 冷却水を接続する、の3ステップで完了です。循環冷却システム搭載モデルは、電源を接続するだけですぐに使用できます。  

 

Minacは、メニュー・ベースのわかりやすい多言語対応コントロール・パネルにより、使いやすさを極限まで追求しています。しかも、このシンプルなコントロール/ユーザ・インタフェースは、Minacの全モデル共通です。  

 

ほとんどのMinacモデルには、2系統の独立出力を可能にした「ツイン」バージョンをご用意しております。ツイン・バージョンは、出力系統ごとに分割されたコントロール・パネル・ディスプレイを装備しています。  

 

Minacは簡単に操作でき、ハンドヘルド・トランス(HHT)により、出力のオン/オフや正確な出力コントロールが可能です。実際、HHTの使いやすさは、一般的な電気ドリルと変わりありません。コンバータ本体とHHTは水冷フレキシブル・ケーブルで接続されているため、被加熱物へのアクセスもスムースに行えます。

Sinac

汎用加熱装置  

 

Sinacは、市場で最も高い先進性と信頼性を兼ね備えた誘導加熱システムです。さらにSinacをお選びいただくことで、EFD Inductionが誇るグローバルなサービス、研修、およびスペア・パーツ供給のネットワークもご利用いただけます。製造工場、サービス・センター、および現地事業所で構成されるこのネットワークにより、お客様に迅速かつ的確なサポートと技術支援を提供いたします。  

 

また、Sinacをお選びいただくことにより、お客様固有のニーズや要件に最も合ったソリューションが得られます。システムの設計に当たっては、弊社エンジニア、冶金技術者、材料技術者がお客様の要件を事前に評価します。さらに、弊社ラボでテストとコンピュータ・シミュレーションを行うことにより、目的の用途に最適化され、しかも既存の生産ラインやプロセスに容易に統合可能な装置を確実にお届けします。

 

 

  Sinac
HeatLine

HeatLine

 工業用熱処理システム    

 

 

HeatLineファミリは、EFD Inductionの溶解/鍛造用システムです。HeatLineファミリの広範な製品群には、幅広い出力と周波数に対応する直列/並列補償型の誘導加熱電源が採用されています。  

 

HeatLineの直列補償技術の核となるのは、高いアップタイムを誇る堅牢なIGBTトランジスタです。また、EFD Inductionの並列補償技術は、サイリスタ、IGBT、およびMOSFET素子を特徴としています。HeatLineの各変換器は、自動負荷整合機能、シングル・マイクロプロセッサ・ベースの制御ボード、内蔵コンデンサを搭載しています。  

 

HeatLineには、溶解/鍛造用システムのほか、グラファイト・コーティング、線材/帯材加熱、スプリング線材圧延、ガラス溶解、グラファイト・サセプタ加熱、亜鉛メッキ、食品/化学薬品容器の加熱、およびその他の特殊用途向けのソリューションも用意されています。

自動車部品の予熱

高周波予熱処理は、組織に亀裂が発生したり硬化したりするリスクを軽減するための優れた方法です。それは、誘導加熱によって熱が材料自体に発生すること、つまり周囲温度が、材料内部で発生した熱による温度より低くなるからです。この誘導加熱はまた、たとえばガス炎より正確に制御されます。

 

したがって、溶接ゾーン内の温度差を減少させることができ、冷却速度が低下します。このことは、熱をただ1つの溶接点に集中させるレーザー・ビーム溶接では特に重要です。   さらに、誘導加熱を組み合わせたレーザー・ビーム溶接では予熱と溶接を同時に実行できます。つまり、品質を低下させずに生産をスピードアップできるというわけです。  

 

EFD Inductionが活動しているもう1つの予熱分野は、ギア・ホイールの焼嵌めです。ここでも、誘導加熱の利点、つまり加熱の迅速性、正確性、および制御可能性が非常に魅力的です。誘導加熱装置はまた、お客様の既存の生産ラインに容易に適合します。

ケーブル/ワイヤーの予熱

EFD Inductionは、ケーブル/ワイヤー業界に多くの予熱ソリューションを提供しています。押出しの前に加熱することは、ケーブル生産ラインで最も一般的な誘導加熱の応用です。予熱機を使用すると架橋時間が短縮され、ラインスピードを高速化できます。  

 

 従来の方法の代わりに誘導加熱で予熱すると、熱が直接ワイヤーやケーブル・コアに伝達されます。材料は極めて短時間で適切な温度まで加熱されます(実際にどれだけ短縮されるかは、ライン・スピードとコイル長によって決まります。)  

 

誘導加熱は、コアで実際に焼入れプロセスが始まることも意味します。その結果、巣が減少して絶縁性が向上します。

電機製品の予熱

EFD Inductionはが、電機業界でさまざまな予熱作業を実施できる誘導加熱装置を提供しています。その例には、溶接前の軸やフレームの予熱、棒材を曲げる前の焼きなましなどがあります。  

予熱処理の目的は、組織に亀裂が発生したり硬化したりするリスクを軽減することです。誘導加熱は、何度でも正確な熱制御を実行でき、お客様は要求したとおりの結果を得ることができます。さらに、熱が材料内部で直接発生するので、予熱プロセスをスピードアップすることもできます。

ストリップ、チューブ、およびパイプの予熱

誘導加熱は、正確、制御可能、かつ再現性のある熱を素早く発生させます。そのため、誘導加熱はチューブとパイプを予熱する上で亀裂を防止し、組織の硬化を軽減し、溶接速度を上げる優れた方法になります。

 

  EFD Inductionは、チューブとパイプを予熱するための一連のソリューションを提供しています。その中には、溶接前の加熱、錫メッキの再溶解、亜鉛メッキ、パイプの成形および曲げ加工、チューブへのプラスチック粉末または塗料の塗布などがあります。  

 

また、高周波予熱処理を利用して、加熱パイプの周りへの絶縁体の接着を改善することができます(ケーブルやワイヤーの周りに絶縁体を接着するプロセスと対比した場合)。