EFD Inductionについて採用情報SitemapPrint page • Choose language:

チューブ/パイプの後熱

誘導加熱を溶接後の熱処理に使用して、溶接後に生じた可能性のある組織の硬化を取り除きます。最近の材料品質、特にAPI規格では溶接後の再加熱が必要です。  

 

誘導加熱の正確性と制御可能性によって、後熱処理の精度を上げることができます。その結果、耐久性、亀裂耐性、および腐食耐性が高いパイプが製造されます。極めて容易に品質が向上します。