EFD Inductionについて採用情報SitemapPrint page • Choose language:

ケーブル/ワイヤーの後熱

EFD Inductionは、長年にわたってケーブル/ワイヤー業界と密接に協力して誘導加熱ソリューションを開発してきました。  

 

ケーブルに後熱処理を利用すると、絶縁層への加硫プロセスがスピードアップします。さらに、誘導加熱は正確かつ制御可能であり、出力はほとんどの場合、ライン・スピードにしたがって制御できます。  

 

ワイヤー、チューブ、およびストランドにも後熱処理を利用して、それらを成形したり、塗料の乾燥を速めたりします。