EFD Inductionについて採用情報SitemapPrint page • Choose language:

金属/鋳物のプラズマ

弊社の高周波誘導熱プラズマ技術は、金属/鋳物業界のチタンとシリコンの熱処理に大きな影響を与えてきました。  

 

従来の手法と比較して、EFD Inductionのプラズマ・ソリューションは、熱処理プロセスを大幅に簡素化かつ合理化します。100 kWの出力と500 mm長のプラズマ炎を持つEFD Inductionのプラズマ・システムは、通常、1日当たり100 kg前後のチタンを生成できます。  

 

さらに、EFD Inductionプラズマ・システムによって得られた超高エンタルピーから、極めて高純度のチタンとシリコンが生成されます。(高周波誘導熱プラズマの温度は、5,000~11,000℃に達することがあります。)  

 

EFD Inductionプラズマが生成したチタンは、外科/歯科用インプラントに使用される他、粉末冶金や航空宇宙産業にも利用されます。シリコンもまた、目的に最適の純度で太陽電池の生産に使用できます。