EFD Inductionについて採用情報SitemapPrint page • Choose language:

ケーブル/ワイヤーのプラズマ

EFD Inductionの優れた実績の1つは、誘導加熱技術の新しい注目すべき利用法の発見に成功したことでした。代表的な例は、プラズマ分野における誘導加熱です。  

 

プラズマの全体的な目的は、非常に純度の高いガラス材料を作成することですが、そのような材料であれば、たとえば光信号が光ケーブルの中を容易に通過できるようになります。誘導加熱がケーブル/ワイヤー業界に非常に適しているのは、まさにこの理由からです。  

 

誘導加熱は、炉から発生した不純物が溶解したガラスを汚染する可能性がある炉の中での加熱とは異なり、完全にクリーンです。したがって、汚染を除去するための機械の調達と保守が不要になり、コスト削減につながります。さらに、誘導加熱による熱の移動は非常に効率的です。