EFD Inductionについて採用情報SitemapPrint page • Choose language:
自動車部品の焼入れ

自動車部品の焼入れ

自動車業界ほど、高周波焼入れ技術の利点を享受した業界はありません。そして、この重要な分野で弊社の専門技術にほぼ匹敵する技術を持つ誘導加熱企業は、あったとしてもごくわずかです。  

 

 世界中の自動車および自動車部品のトップ・メーカーの多くと密接に協力してきた弊社は、これまでに次の分野で2,000件を超える焼入れソリューションを導入してきました。  

 

  • バルブ、クランクシャフト、カムシャフト、接続ロッド、スターター・リングなどのエンジン部品の焼入れ 
  •  CVジョイント、チューリップ、軸シャフトなどのトランスミッション部品の焼入れ 
  •   ショック・アブソーバ・ロッド、スプリング、サスペンション・アームなどのサスペンション部品の焼入れ
  • オートマチックおよびマニュアル・ギアのギアボックス用部品(リング、セレクタ・シャフト、サンギアなど)の焼入れ
  •  クラッチ・スプリングおよびブレーキ・パッドの焼入れ  

 

EFD Inductionは、高度な周波数変換器における最先端技術とこの分野においては最も豊富な製品プログラムを持っています。さらに、高周波と低周波で同時に発振する周波数変換器も提供しています。これはマルチ周波コンセプト(MFC-Multi Frequency Concept)として知られており、ひとつ例を挙げると、歯車の表面焼入れにとって、非常に優れたソリューションになります。