EFD Inductionについて採用情報SitemapPrint page • Choose language:

アニーリング

EFD Inductionは、チューブ溶接のシームアニーリングや磁性/非磁性チューブ製品のフルボディー アニーリング用誘導加熱装置のほか、ストリップおよびワイヤー用の統合的なアニーリングシステムも提供しています。  

 

誘導加熱によるアニーリングにはさまざまな利点があります。まず、材料自体を直接発熱させるため、他の方法に比べて効率やエネルギー・コストの点で優れています。また、加熱プロセスの高速性と制御性により、スループット向上に貢献します。さらに、極めて正確な加熱が可能です。これは、今日の厳しい品質基準を満たすために不可欠な要素です。  

 

目的の範囲を正確な温度で加熱することにより、必要に応じて材料構造を変化させ、内部応力を除去します。

Sinac

汎用加熱装置  

 

Sinacは、市場で最も高い先進性と信頼性を兼ね備えた誘導加熱システムです。さらにSinacをお選びいただくことで、EFD Inductionが誇るグローバルなサービス、研修、およびスペア・パーツ供給のネットワークもご利用いただけます。製造工場、サービス・センター、および現地事業所で構成されるこのネットワークにより、お客様に迅速かつ的確なサポートと技術支援を提供いたします。  

 

また、Sinacをお選びいただくことにより、お客様固有のニーズや要件に最も合ったソリューションが得られます。システムの設計に当たっては、弊社エンジニア、冶金技術者、材料技術者がお客様の要件を事前に評価します。さらに、弊社ラボでテストとコンピュータ・シミュレーションを行うことにより、目的の用途に最適化され、しかも既存の生産ラインやプロセスに容易に統合可能な装置を確実にお届けします。

 

 

  Sinac

Wyżarzanie indukcyjne

チューブ/パイプのアニーリング

チューブ/パイプのアニーリング

 

EFD Inductionは、お客様固有の要件を満たすことができる、一連のフルボディー・アニーリングおよびシーム・アニーリングシステムを開発してきました。一般的な分野は、高品質鋼やAPIなどのさまざまな規格に準拠して生産されたパイプのアニーリングです。  

 

チューブとパイプのアニーリングにEFD Inductionを選択すると、多くのメリットがあります。いくつかの例を挙げると、どの出力レベルでも常に一定の力率、またオープン・シームや軸ずれによるコイルの損傷を防ぐクイックリフティング機構があります。更に電子式連続自動負荷整合機能により、チューブ径や肉厚を変更する場合でも、オペレータが調整をする必要がありません。  

 

EFD Inductionのシーム・アニーリングには、トラベリング・シーム・アニーリング(走行移動式コイル)とオービタル・シーム・アニーリング(円弧倣い式コイル)という、さらに優れた2つのソリューションがありますが、いずれも詳しく検討する価値があります。  

 

トラベリング・シーム・アニーリングでは、誘導コイルがパイプのシーム上を水平に移動します。したがって、パイプの端から端まで均一温度で加熱できるため、無駄を大きく削減できます。  

 

オービタル・シーム・アニーリングは、光学カメラを使用することにより溶接部を一定に加熱できるようにします。このカメラは、パイプに塗られた白いトラッキング・ラインに沿ってシームを辿り、誘導コイルを回転させて(±15°)位置の変化を補正します。

In-line seam normalizing systems from EFD Induction—a proven way to meet oil and gas pipe standards.